賃貸経営に役立つ 民泊知識 [第10回] 相続対策と不動産ファンド

2019年01月07日

  • twitter

運営の手間かからず遺産分割が容易

大家さんの中には、相続対策を目的として賃貸経営を始めた人もいると思います。
しかし、賃貸経営には、空室発生や建物の老朽化、入居者とのトラブルなど、悩ましい課題が次々と発生します。
「もっと手間をかけずに相続対策ができないだろうか」と考える大家さんには、不動産ファンドへの投資が検討に値します。
以下、賃貸経営との比較の観点から、不動産ファンドのメリットを紹介します。

(1)管理の手間がかからない
賃貸経営の成功には、空室対策や入居者対応、修繕などの継続的な管理が必要であり、投資したまま何もしないと不動産の価値が損なわれてしまいます。
この点、不動産ファンドへの投資では、投資不動産の選定・運営管理・売却までをプロが行うため、管理の手間がかかりません。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ