1月に住宅宿泊協会設立

住宅宿泊協会設立準備会

2018年12月17日

  • twitter

民泊事業の健全化目指す

設立には国内外の主要事業者9社が参加

住宅宿泊協会設立準備会は11日、住宅宿泊事業を推進する業界団体の設立に合意し、名称を『住宅宿泊協会』とすることを発表した。

設立は2019年1月を予定しており、共同代表理事には百戦錬磨(宮城県仙台市)の上山康博社長とHomeAway(ホームアウェイ:東京都港区)の木村奈津子日本支社長が就任する。

同団体設立の目的は、違法民泊を撲滅し適正化を図ることと、住宅宿泊関連産業の健全な発展と日本の観光産業全体を拡大すること。
初年度は仲介事業者に向けた活動と、政府・自治体・国会等の政策関係者に向けた活動に注力する。定期的に勉強会を開催して現状の課題を共有、意見交換を進めるとした。
その後、一般に向けた健全な住宅宿泊事業の普及活動、啓発活動と、ホスト・管理者・ゲスト等に向けた教育、研修活動に移行するという。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ