住宅地10年ぶりに上昇

国土交通省

2018年04月02日

  • twitter

平成30年公示地価

国土交通省は3月27日、平成30年の公示地価を発表した。全国の住宅地平均が0%から0.3%と10年ぶりに上昇。雇用や所得環境が改善する中で、利便性の高い地域を中心に地価が回復している。

東京都23区全体では、3%から3.9%の上昇となった。全区において上昇が続く。マンション用地需要が引き続き堅調なことなどから、上昇幅がプラスで昨年より拡大した。大阪市では、0.5%から0.6%の上昇。市内中心部のマンション素地需要は堅調に推移し、地価上昇を牽引している。

名古屋市では、1.2%から1.3%の上昇。特に中区では、マンション素地需要が堅調で、上昇幅が昨年より拡大した。
地方圏は、0.4%の下落から0.1ポイントの下落となり、減少傾向は落ち着いた。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ