レオパレス、違法建築185棟

レオパレス21

2018年06月04日

  • twitter

オーナーは被害者の会設立

レオパレス21(以下、レオパレス:東京都中野区)は5月29日、同社が建設したアパートにおいて、建築基準法違反の疑いのある物件が206棟あることを発表した。
これまでに施工したアパートのうち3万7853棟の調査を進めていく。オーナーらは違法建築被害者の会を立ち上げる。

レオパレスは、オーナーから建築確認図面にあるべき屋根裏の界壁がないとの指摘を受け、4月から1996~97年に販売した『ゴールドネイル』、『ニューゴールドネイル』の2商品について全ての建物を調査を始めた。5月29日の発表では、現存する915棟のうち184棟を調査し、そのうち91%にあたる168棟で界壁がなかったことを明らかにした。

この事態を受けて、同社が96~2009年に施工したアパート3万7853棟にまで調査対象を拡大。前出の2商品以外で調査を完了した290棟のうち界壁が存在しなかったのが17棟、界壁部分の施工不備が21棟あった。レオパレス側は「施工会社に渡している図面と施工マニュアルの図面に相違があり、社内の検査体制に不備もあったこと」と説明したが、疑問も残る。

界壁とは屋根裏を区切る耐火性のある壁のことで、建築基準法上設置が定められている。住宅インスペクションで実績のあるさくら事務所(東京都渋谷区)の長嶋修会長は「骨組みが完成した時点で建築確認図面と比較すれば、実際に施工されているかどうかは目視で判断できる」と話す。2商品で調査済みのうち9割に入っていないとすれば、あまりに管理体制がずさんであったか、会社として意図的に行っていたことも疑われる。

外部の協力を得ながら、19年6月までに全ての調査を終え、問題が見つかったアパートに対しては補修工事を行っていくという。改修工事はいくらほどになるのか。長嶋会長は「10~12戸の規模であれば、200万~300万円ほど、工事期間は数週間ほどかかるのではないか」と見る。 改修費の負担、退去者への引っ越し代や損害賠償などが発生するようになれば、さらに必要な金額は膨れ上がっていくだろう。同社の経営を揺るがす問題になりうる。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ