スルガ銀行に対し2回目の交渉

スルガ銀行スマートデイズ被害弁護団

2018年04月10日

  • twitter

スルガ銀行スマートデイズ被害弁護団は3月30日、東京都千代田区の弁護士会館においてスルガ銀行と2回目となる話し合いを行った。
同弁護団は、家賃不払いを続けるスマートデイズでサブリース契約を結びシェアハウスを購入した116人のオーナーからの委託を受け、スルガ銀行の融資責任を追及。与信審査の不法性、フリーローンとの抱き合わせ融資の違法性から、オーナーへの融資の白紙撤回を主張し、スルガ銀行との交渉を進めている。

3月15日には静岡県沼津市の本店に35人のオーナーも同行したが、平行線に終わった。
30日は、スルガ銀行側からは係長2人と弁護士1人が出席したが、同弁護団の要求を拒否。被害の全容が分かる情報の開示も行わなかった。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ