警備大手3社と業務提携発表・・・大東建物管理

2009年08月24日|サービス

大東建託の100%出資グループ企業である、大東建物管理(東京都港区)は、セコム、綜合警備保障、全日警の警備大手3社と業務提携を発表した。

これに伴い、全国でセキュリティシステムの取り次ぎサービスを開始する。

対象となるのは、同社が管理する全国の賃貸マンション・アパート、および倉庫や工場、店舗、事務所などの入居者。または、物件オーナーや関係会社、それに大東建託グループ社員など。

取次サービスの内容は、マンション・アパート向けのホームセキュリティシステムや事業用物件向け警備システム。さらに防犯カメラなどの各種警備機器などを取り扱っていく。業務提携の特典として、取り付け工事費用の割引、月額費用の割引、保証金の免除などが提供される。

タグ:取り次ぎサービス、セキュリティシステム|大東建物管理

家主と地主
賃貸住宅年鑑の表紙
  • 賃貸住宅年鑑
  • 5年ぶりの発行渾身の一冊!全国の有力管理会社全600社の会社情報を掲載!管理戸数・管理形態比率・強み・沿革・役員一覧・営業エリアetc.
  • 購読申し込み
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベント情報.com
  • 広告掲載

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。