• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

9月から集合住宅向けに施錠見守り防犯システムの提供開始・・・ジーコム

2014年10月11日|企業

玄関や窓の閉め忘れをアラートやメールで通知

ジーコム(東京都大田区)は、9月に集合住宅向けに新サービスの提供を開始した。
新たなサービスは「施錠見守り防犯システム」。
導入することで施錠忘れ防止効果がある。
施錠忘れを自動的に感知し、アラートやメールで知らせるというもの。
また、窓ガラス破りに関しても警報音やメール通知する仕組みになっている。
取り付けるものは、物件や希望によって異なるが、基本パッケージとしては、メインユニット(システム本体)を設置し、玄関のドア部分に玄関センサ、窓部分に窓センサを設置する。
インターネット回線を引き込み、有線LANとメインユニットをつなぐ。
(インターネット回線なしでも利用は可能だが、メール通知機能は利用できなくなる)。
通常のホームセキュリティとは異なり、玄関や窓の開け閉めの際に警報の設定や解除操作は不要。
生活に合わせた施錠見守りシステムになっている。
利用方法としては外出時の施錠確認。
システム全体を見るだけで、家全体の施錠状態が把握できる。
そのため、簡単にドアや窓の閉め忘れ防止になる。
また、玄関の施錠を忘れて外出してしまった場合は、携帯にお知らせメールが届く(届く時間等メール設定は入居者が行う)。
さらに、帰宅時には玄関のドアの施錠を忘れると2分後にブザーが鳴る。
このように日常生活で「ついうっかり」という場面の施錠忘れ防止につながる新しい形の防犯システムだ。
実際にハウスメーカーで採用しており、入居者から好評だという。
システム本体を「見る」という習慣も2週間ほどで慣れ、施錠忘れ防止になると、特に女性からの支持を得ている。
センサなどの感知は無線のため、導入の際に大掛かりな工事など必要なく簡単に、低価格で導入できるのがメリットだ。
既存物件にも対応できるため、物件の付加価値につながる。
入居率アップや入居者の安全、安心が得られる物件は、長期安定経営に繋げる一つのポイントとなる。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:施錠見守り|防犯

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。