• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

民泊 資格制定で業界活性・・・一般社団法人日本民泊適正推進機構

2016年09月07日|サービス

法律に沿った民泊サービスの運用を促進するため、日本住宅性能検査協会(東京都中央区)の大谷昭二理事長らは、一般社団法人日本民泊適正推進機構(同)を設立した。
民泊事業に関わる家主や管理会社、民泊仲介サイトの運営者などを対象に、セミナーの開催などを通じて法律にのっとった民泊サービスの運用を啓発していく。

民泊事業者に対して資格制度も制定する。
資格教育の東京リーガルマインド(LEC・東京都中野区)と連携し、周知を図る予定だ。

民泊サービスについては、早ければ今年9月に開催される臨時国会で新法が制定される見通しだ。
日本民泊適正推進機構は法制後から本格的に資格制定に乗り出し、公益社団法人日本建築家協会(東京都渋谷区)や行政などと連携して活動を行う方針だ。
大谷昭二代表理事は「現状は違法な民泊サービスが多い。法律にのっとった民泊を推進することで、業界発展につなげたい」と語る。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:一般社団法人設立|民泊

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。