• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

宅地建物取引士試験19万8375人が受験

2016年10月25日|

昨年比3449人増 受験率は80.7%

一般財団法人不動産適正取引推進機構(東京都港区)は19日、宅地建物取引士(以下、宅建)の試験を実施し、19万8375人が受験した。
昨年より3449人増えた。

国家資格化してから2度目の試験で、申込数は24万5742人と昨年比で2543人伸びた。
合格発表は11月30日。
受験率は80.7%と0.5%上昇した。

宅建資格取得の講座を主催するKenビジネススクール(東京都新宿区)の田中謙次社長は今年の傾向を「今年の問題はここ数年の難問化傾向が和らぎ、比較的答えを導きやすい内容のものが多かった。法令上の制限で少し難しい問題があり、これが解けたか否かが合否の分かれ目。都市計画法で1問、建築基準法でも1問、宅地造成等規制法も規則の詳細な知識を問うものがあり、一歩踏み込んだ学習者が合格ラインをクリアしていた」と分析する。

全社員の宅建取得を目標に掲げる三春情報センター(神奈川県横浜市)は新入社員15人を含む、39人が受験した。
同社では入社1年目の社員に対して、日建学院の宅建講座の受講料を会社で負担するなどサポート体制を整えている。
営業社員の宅建取得率は42%だ。
昨年に引き続き今年も受験した社員は「昨年は民法・法令・業法が全体的に難しい問題が多かったが、今年は応用問題などが少なく、特に業法については、問題集通りの問題が出題されていた」とコメントした。
宅建取得に力を入れる部屋店(広島市)は、14人が受験しうち2人が合格確実だという。
受験者からは「比較的容易に問題を解けた」という声が上がった。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:宅地建物取引士試験

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。