• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

複合型サ高住が都内にオープン

2017年02月16日|企業

地域住民も活用できる介護施設を併設


地域に介護サービスを提供するサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)の開設が東京都内で続いている。
学研ココファン(東京都品川区)は3月に『ココファン勝どき』をオープンする。
東京都中央区との共同事業で小規模多機能介護施設を併設し、地域住民にも介護サービスを提供していく拠点型サ高住だ。
都営大江戸線「勝どき」駅から徒歩6分のタワーマンション1~4階部分を利用。
都との事業であるため、月額所得が48万7000円以下であることなどの入居条件がある。
建物内にコンビニや薬局を併設しており、徒歩圏内で買い物ができる暮らし方を提案する。
「地方移住型とはまた違った、都心で余生を送る選択肢の提案になる」と同社は語る。

東京建物(東京都中央区)は2月に、同社の展開するサ高住シリーズとして『グレイプス立石』をオープンする。
京成押上線「立石駅」から徒歩10分に全96戸の物件を建築。
特徴的なのは、階によって介護の必要な「ケアフロア」と自立して生活できる入居者向けの「レジデンスフロア」を分けたことだ。
入居者の要介護の状況に応じたサービスを効率的に行える。
デイサービスなども併設しており、地域住民も利用できる。

両社ともに、商業施設や介護施設などを併設し、地域に開かれたサ高住の企画を進めており、コミュニティを育む役割を果たす高齢者向け住宅が今後広がる可能性が高い。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:サービス付き高齢者向け住宅

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。