• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

自社所有物件を猫共生型に改修・・・松井産業

2017年03月17日|リフォーム

成功事例をつくり家主への提案促進狙う


不動産業を手掛ける松井産業(埼玉県三郷市)が自社所有で猫飼育専用の共生型のリノベーション賃貸住宅『ソシアルハイツ103号室』を完成させ、3日から入居者募集を開始した。
猫共生型賃貸住宅のプランニングを手掛けるクラシヲ(東京都葛飾区)が監修している。

同物件はJR武蔵野線「吉川」駅徒歩4分の場所に立つ17㎡の1Kだ。
居室内はどんな色の猫でも映えるようにオレンジ色の壁紙を選択し爪とぎに対応した強度の高いものを張っている。
キャットウォークやキャットステップは多頭飼いを意識して昇降経路を複数用意した。

松井産業はペット禁止の賃貸で隠れて猫を飼われた事例が他社であることなどで、猫が飼える賃貸住宅の需要を見越してリノベーションに踏み切った。
同社の大山雅史氏は「今後の反響をつくり、空室に悩む家主に対し成功事例として提案していきたい」と話す。

今後、同物件内の26㎡の1DKも猫共生仕様へ改修する。
「猫と一緒に暮らす賃貸住宅」の企画・設計も家主向けに提案していく予定だ。
参考として、電気配管工事やキッチン、ユニットバスなどの交換、クリーニングなどを除いて17㎡1Kが約50万円、26㎡1DKが60万円弱となるという。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:猫共生型

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。