• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

賃貸防犯モデルマンション100棟達成・・・NPO法人京都府防犯設備士協会

2017年04月20日|

『京都府防犯モデル賃貸マンション認定制度』を設けるNPO法人京都府防犯設備士協会は、認定した物件が100棟達成。
13日、100号となった学生マンションで認定証交付式が開催された。
オーナーや当物件の管理会社である学生情報センター、日本賃貸住宅管理協会京都府支部、また同制度を推奨する京都府、京都府警察などの関係者が集まった。

友田章夫副会長は「犯罪全体が減少する中、性犯罪はほぼ横ばいのまま。1000号を目指して被害防止に努め、日本一安全、安心な街を目指したい」と話した。

認定されると、認定証とプレート、ステッカーが交付され、物件に貼付できる。
同制度は2015年7月にスタート。
初年度の認定は20件だったが、学校機関に協力を得、学生へ認知が広がったため、今年度は82件に増加した。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:京都府防犯モデル賃貸マンション認定制度

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。