• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

仲介事業強化で新店舗開設・・・GRIP

2017年04月20日|企業

年間200戸の投資用ワンルームを開発


投資用ワンルームマンション開発のGRIP(グリップ、神奈川県横浜市)は仲介事業の強化を図るため21日、横浜市中区関内エリアに新店舗を開設する。
3店舗目となる。

横浜・川崎エリアで競合物件が過剰に供給されていることから、入居率の低下を防ぐ。
現在の入居率は94~95%を維持しており、約8割は自社で入居付けをしている。

同社は年間6~7棟200戸程度を開発。
3月には10階建て36戸の「Le'a横濱大通り公園」の賃貸募集と販売を開始した。
ワンルームで販売価格は2150万~2320万円。

長谷川建二社長は「紹介客やリピーターが増え販売は好調。入居率を維持するため、リーシング事業の強化をしていきたい」と話す。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:新店舗

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。