• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

生活回りのサポートサービスを拡充・・・東京電力エナジーパートナー

2017年05月19日|企業

購入・設置から10年以内の家電修理を開始


東京電力エナジーパートナー(東京都港区)は9日、『住宅設備・家電修理サービス』の受け付けを開始した。

家庭内で使用している住設機器や家電製品が故障した際に、無料で修理を受けられる。
料金は月250円(非課税)。
設置・購入から10年以内の機器や製品すべてを対象としている。
修理作業に伴い発生する出張費や部品代は、1回あたり50万円までであれば負担しなくて済む。
台数や回数に制限はない。

サービスの利用は、同社の電力を契約しているかどうかは問わない。
オーナーが、所有物件1棟丸ごと加入することも可能だ。

同社では電力自由化以降、電力の提供にとどまらず、生活回り全般をサポートするサービスの拡充に力を入れ、収益源の拡大を図っている。
住宅設備・家電修理サービスは、もともと、割安な夜間電力を活用した電力料金プランの付帯サービスとして提供していた。
利用者から好評だったため、契約者にかかわらず展開することを決定した。
初年度で、利用者10万人を目標に掲げている。

担当者は「メーカー保証は長くても5年程度だが、それ以降に故障することも少なくない。修理のニーズはあるとみている」と話した。

同時に、電力契約者を対象とした『生活かけつけサービス』の受け付けも開始。
毎月300円(税別)で、水回りや鍵紛失などのトラブルに対応する。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:修理サービス

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。