• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

不動産会社の生き残り方を学ぶゼミ・・・大阪府宅地建物取引業協会中央支部

2017年06月16日|経済

大阪府宅地建物取引業協会中央支部(大阪市)は「不動産市場の未来2025年、中小不動産業者はどのように生き残っていくことができるのか?」をテーマとした全6回のゼミを実施する。

講師は日本大学の教授でマサチューセッツ工科大学不動産研究センター研究員、リクルートAI研究所を兼務する清水千弘教授が務める。各回ごとにゲスト講師も登壇。不動産専門人材になるための知識習得を目指す。

1日に開催した第1回は「高度不動産専門人材の条件」をテーマに、ゲスト講師のライフル(東京都千代田区)伊東祐司執行役員を交え、会社の存在価値を理解する必要性などを解説した。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:ゼミ|不動産市場|大阪府宅地建物取引業協会

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。