• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

新宿に29階の複合型ビル・・・大和ハウス工業

2017年07月12日|企業


サービスアパートメント126戸開発

大和ハウス工業(大阪市)は6日、東京都新宿区で開発する複合ビル『Dタワー西新宿』を着工した。東京メトロ丸ノ内線「西新宿」駅から徒歩4分に地下2階地上29階を建築する。総事業費約400億円の大型案件だ。

特徴的なのは、オフィス、商業施設に加え、サービスアパートメント(以下、SA)や保育所まで入る点だ。都心で働くだけでなく、住み、生活する職住近接のライフスタイルを意識し企画した。

126戸のSAは、外国人や中期出張でのビジネス利用を狙い、間取りは1LDK~3LDKと幅広いタイプを設計した。20階のロビーには、多言語対応のコンシェルジュを置き、宅配物の手配、クリーニングの取り次ぎ、朝食の提供も行い、ソフトサービスでも力を入れている。SA部分についてはグループの大和リビングマネジメント(東京都江東区)が借り上げる。入居開始は2020年4月の予定だ。同社は札幌で、国内では第一陣となったSA棟18戸を開発してきた。
 名古屋市内でも大規模開発を手掛け、デベロッパーとしての存在感を高めつつある。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:29階|サービスアパートメント|多言語|大和リビングマネジメント|新宿

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。