• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

高級住宅地に賃貸マンション・・・日本土地建物

2017年07月24日|企業


住宅新ブランドの第2弾

日本土地建物(東京都千代田区)は20日、同社の進める賃貸住宅ブランドの第2弾を東京都港区で着工した。

『BAUS STAGE(バウスステージ)南青山』は高級住宅地の南青山に同社が土地を取得し開発した、全33戸の賃貸マンション。東京メトロ銀座線「外苑前」駅から徒歩7分の場所に建設をはじめた。ワンルームから2LDKまで幅広い間取りをそろえる。一部の住戸はSOHOとして活用可能だ。

打ちっぱなしのコンクリートや透かしレンガなど、同社が戸建て住宅で培ってきた経験を生かしてデザインした。屋上テラスも設け、新宿や渋谷の景色を見渡すことができる。
 
完成後は一定期間売却せず、自社保有を前提とする。

同社は2016年8月に、新たな賃貸住宅ブランドとして『BAUS STAGE』をスタート。17年1月には東京・広尾で第一案件目の建設をスタートし、18年5月に完成する予定だ。
今後も自社で土地の仕入れから建築を行い、首都圏の中心部で同ブランドで開発を進めていく。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:SOHO|南青山|屋上テラス|自社保有|賃貸住宅ブランド|高級住宅地

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。