• ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!

花火大会の見えるマンションの資産価値調査・・・スタイルアクト

2017年07月25日|企業経済


下がりにくさを数値化

不動産コンサルティングを手掛けるスタイルアクト(東京都中央区)は20日、首都圏の19カ所で開催される花火大会を屋上などで見て楽しめるタワーマンションの資産価値の下がりにくさを調査し、数値化した。

対象としたのは主な花火大会の打ち上げ場所から半径約2km圏内に立つ2000棟のマンション。エリア内でもっとも階数の高い物件を抽出し、そのほかのマンションとの年間騰落率の差を比較した。

比較差がもっとも大きかったのは「神宮外苑花火大会」が見られる高層マンションで15.7%増。それに対し2km圏内の全物件は1.5%増で、差は14.2%となった。次点で「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」で10.0%増、2km圏内の全物件は1.8%減だった。

新聞購読のお申し込みはこちら

タグ:半径2km|年間騰落率|打ち上げ場所|花火大会|高層マンション

LINE@はじめました!
家主と地主
  • 亀岡大郎取材班グループ
  • 株特急
  • ジャーナリスト志望者募集中! 未経験者でもOK!
  • 国際イベントナビ
  • 広告

賃貸住宅業界の羅針盤

週刊全国賃貸住宅新聞は資産価値から利用価値へという住宅市場の構造変化にいち早く注目。賃貸経営、賃貸管理・仲介、土地の有効活用などの専門紙として1989年に創刊されました。賃貸経営に役立つ情報や、オーナー・不動産会社のニーズ、最新の設備やサービスなど、時代の変化を細かく拾い出し、最新情報を提供していきます。