レオパレスアパート界壁施工不備問題【2018年ニュース トップ2】

2018年12月28日

  • twitter

大手アパートメーカーのレオパレス21(以下、レオパレス:東京都中野区)は、オーナーから建築確認図面にあるべき屋根裏の界壁がないとの指摘を受け、4月から建物の調査を開始した。

11月21日にレオパレスが公表した調査状況によると、優先して調査をしている『ゴールドネイル』と『ニューゴールドネイル』シリーズの918棟のうち、902棟で判定が出た。
不備がなかったのは10棟だけだった。屋根裏・小屋裏全体に界壁がなかったのは822棟と判定済みアパートの9割に及んだ。

加えて小屋裏に一部不備があったのは19棟、バルコニー・廊下軒裏に一部不備があったのは10棟、小屋裏・中間階床、その他軽微な不備が40棟で見つかった。

同シリーズ以外に1996年~2009年に施工した建築基準法違反の疑いがある6シリーズでも調査を進めており、1万2655棟中7273棟で界壁がないなどの不備が見つかっている。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ