【2019年の賃貸業界を先読み⑤】民泊から時間貸しまで賃貸の収入向上策を提案

記者座談会

2019年01月27日

  • twitter

2019年の業界の行方を本紙記者が大胆予測

4月には入管法改正、来年は東京五輪、25年には大阪万博が決まり、外国人の受け入れも急務だ。

5年間で最大34万人の外国人労働者が日本に住むことになる。
例えば宿泊分野では5年で2万人を受け入れる予定で、民泊の宿泊者と運営代行会社のスタッフがどちらも外国人という状況が普通になるかも。
それだけ業界にとってもチャンスだし、今までの意識を変える必要がある。

外国人に対する拒否感がまだ残っているのは否めない。
だが、不動産の国際取引が進めば、家主も外国人に代わっていく。今のうちに外国人対応を進めておけば、後々楽になるはずだ。

多言語スタッフを置かなくても、最近は、タブレットで同時通訳できるサービスも出ているし、少しずつできるところから変えていけばいい。

民泊仲介サイトから時間貸しサイトまで、事業者と利用者を直接ネット上でつなぐサービスが増えてきたことで賃貸住宅の用途も多様化している。

リノベーション会社のインテリックス(東京都渋谷区)は賃貸マンションをホテルに用途変更し、市況に応じて宿泊と住居で使い分けていくことも考えている。

リストプロパティーズ(神奈川県横浜市)は自社保有の賃貸住宅で新法民泊の宿泊を開始し、マンスリーマンションと併用する予定だ。
一般の賃貸住宅、家具付き賃貸、マンスリーマンション、民泊、時間貸しと数年から1時間まで貸し方に自由度が出てきた。

管理会社は、受託する物件が最も収益を生む運用方法を家主に提案していくことが求められる。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ