地方圏の住宅地27年ぶりに上昇

国土交通省

2019年03月26日

  • twitter

公示地価、低金利の投資下支え材料に

国土交通省の資料から作成

国土交通省が19日に発表した、2019年1月1日時点の公示地価は、全国平均が1.2%増と4年連続で上昇した。
地方圏の住宅地も1992年以来27年ぶりに上昇。
14年の地価公示以降の三大都市圏を中心とした緩やかな回復傾向が地方に波及しつつある。

全国の用途別では、住宅地が0.6%増と2年連続、商業地が2.8%増で4年連続の上昇となった。
住宅地については低金利の融資環境や住宅取得支援策が下支えとなり、交通利便性や住環境に優れた地域を中心に需要が堅調。
商業地もオフィス市場が活況なことや、外国人観光客の増加による店舗.ホテル需要の高まりや、再開発事業の進展が地価の上昇傾向の背景にある。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ