東日本大震災から8年

2019年03月11日

  • twitter

避難解除地域の住居確保が課題

東日本大震災の発生から8年が経過した。

2019年1月末時点で災害公営住宅は2万9495戸と計画の98.4%が完成。
3月いっぱいで応急仮設住宅の無償貸与や、福島県の自主避難者に対する民間賃貸住宅の家賃補助が終了する。

岩手、宮城、福島の被災3県では、内陸の都市部の物件に一時的に入居していた避難民が住宅を新たに購入したり、賃貸物件に移り住んだりと移動が見られる。
宮城県仙台市や福島県郡山市の賃貸物件では、沿岸の避難者の受け入れによる特需の反動により空室率の上昇や、家賃相場の下落も見られるという。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ