賃貸FCと時間貸しで成長目指す

ハウスドゥ

2018年02月12日

  • twitter

ストック型ビジネスも重視

不動産フランチャイズを展開するハウスドゥ(東京都千代田区)は賃貸管理・仲介分野での事業拡大を目指す。8日、都内で2018年6月期第2四半期決算の説明会を行った。

売上高は前年同期比11.1%増の95億3200万円、営業利益は同38.7%増の8憶8800万円、四半期純利益は同40.3%増の5億100万円で増収増益だった。第2四半期の累計業績として売上高、利益ともに過去最高を更新した。通期予想は売上高1.8%増の171億4600万円、営業利益は同28.4%増の16憶300万円、純利益は24.7%増の9億2000万円と大幅な増益を見込む。

フランチャイズ事業の累計加盟店舗数が17年6月の468店から18年6月には573店になる予定で売り上げをけん引した。自宅を一度売却した後に、賃貸住宅として住み続けられるハウス・リースバック事業も好調で、月平均25.2件を契約。保有件数626件、保有総額89億円と着実に実績を積み上げた。保有物件の44.2%は首都圏で、中部・近畿の3大都市で9割を占める。今後は取り扱いエリアを福岡にも拡大する。家賃収入と売却によって利益を確保している。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ