大東建託、IoTの実証実験

大東建託

2018年04月10日

  • twitter

18年度内に全管理物件での導入検討

大東建託(東京都港区)は3月30日、スマート賃貸住宅の実証実験を開始した。東京電力パワーグリッド(以下、東電PG:東京都千代田区)、ギガプライズ(東京都渋谷区)の協力の下、同社が管理する賃貸住宅100戸で、本格運用に向けた検証を行っていく。
実証実験での効果が得られれば、2018年度内をめどに103万戸を超える全ての管理物件にIoT(モノのインターネット)の導入を検討する。

AI(人工知能)スピーカーやアプリなどを通じ、家電機器の操作や、電気の使用状況やウェブカメラを利用した家族やペットの見守りなどができる。入居者ごとにパーソナルAIアシスタントが入居中の相談に対応したり、IoTプラットフォーム上から分析されたデータを基に、夜に電子レンジをよく使用する入居者に対しては冷凍食品を使ったレシピを紹介するなどのサービスも提供する。

通信機器やメーカーに関係なく家電等の遠隔操作ができるのが特徴。ギガプライズが提供する5つの通信規格に対応する家電設備の一括制御技術と、東電PGの高精度電力センサーを連携させたIoTプラットフォームを活用することで可能になった。

  • 検索
  • マイナビ賃貸
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ