ソフトバンク、IoT駐車場事業に参入

ソフトバンク

2018年04月16日

  • twitter

管理や決済をウェブで対応し業務削減

ソフトバンク(東京都港区)は5日、IoT(モノのインターネット)を活用した駐車場シェア事業への参入を発表した。駐車場にカメラや磁気センサーを設置することで管理がウェブ上で行え、予約や決済をスマートフォンで完結するサービスを提供する。設置費用はコインパーキングの2割程度で、売り上げ分からシステム導入費用を差し引ける。初期投資がかからないことからオーナーや地主にとっては、空室が続く月極め駐車場での利用や、収支面からコインパーキングにできなかった土地の活用法の1つとなりうる。

管理会社は、出入庫や不正駐車の管理をウェブ上で行え、現地業務の削減を見込める。ポール型の設置機器にはカメラやスピーカーを内蔵。入庫した車のナンバープレートが予約車と異なる場合にはスピーカーから「ご予約の上ご利用ください」など自動でアナウンス。状況に応じた文言や頻度も設定できる。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ