IoT活用した駐車場事業本格始動

ソフトバンク

2018年08月01日

  • twitter

データ蓄積し収益性をAIが予測

ソフトバンク(東京都港区)は13日、IoT(モノのインターネット)を活用した駐車場シェアビジネスを10月から本格始動すると発表した。8月をめどに試験版の提供を開始する。WeWork GINZA SIX(ウィーワークギンザシックス‥東京都中央区)にて記者発表会を開催し新サービスの説明を行った。

駐車場にカメラや磁気センサーを設置し、クラウド上で予約状況などを管理する。利用者はスマートフォン上で希望のエリアを検索し予約する。

既存の駐車場シェアリングとの差別化の1点目は、1分単位で精算対応できることだ。既存のシェアサービスの場合、短くとも15分単位だが、センサーを設置することで出入庫をリアルタイムで反映し、予約から出庫の時間までの駐車料金を事前に登録したクレジットカードで決済できる。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ