【この人に聞く】不動産業界のM&Aの動向や今後の方向性について

ストライク 荒井邦彦社長

2019年02月01日

  • twitter

管理会社の買い意欲高いが売り手少なく

ストライク 荒井邦彦社長

不動産事業会社のマッチング難易度高く

ストライクのM&A仲介件数は17年8月期に67組、18年に88組と右肩上がりで19年は120組を見込む。

18年8月期の不動産会社M&A仲介実績は、譲渡人が住宅・不動産会社は2組、譲受側が住宅・不動産会社は5組、ファンドや資産管理法人など不動産事業会社同士のM&Aは1組だった。全体の仲介割合の中でそれほど多くはない。

不動産会社の場合、マッチングの問題が大きいと荒井社長は言う。「買い手から人気があるのが管理会社だが、一方で売り手が出にくい。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ