太陽光パネルに「原因不明の出力低下」が発生

Fraunhoferの実証実験

2012年09月02日

  • twitter

欧州最大の研究機関であるFraunhofer(フランフォーハー、ドイツ)が、ヨーロッパでシェアを持つ主要な太陽光パネルメーカー13社のパネルを使って行った実証実験が、波紋を広げいる。「温度50度、湿度50%、1000V加圧」の条件下で、出力を調べたところ、4社をのぞく9社のパネルで、わずか48時間のうちに出力低下が発生。なかには、2%程度の出力しか出さないパネルもあったという。以前から太陽パネル設置後、4年足らずで出力が下がってしまう事例が報告されており、この原因不明の劣化を検証するために行った実験とされている。

実験に使用されたパネルは、欧州や中国といった海外メーカーを中心とした13社。日本国内でも採用が進む海外メーカーの名前もあったが、実験結果については、社名を伏せた状態で発表されている。

出力低下について問題がなかったとされる4社については社名が公表されており、京セラ、シャープ、Q-Cells(ドイツ)、LG電産(韓国)だったという。13社の中にふくまれた国内メーカーは京セラとシャープだけで、日本製はいずれも「出力低下の問題はなし」とされた。

この結果を受け、販売会社の間でも動揺が広がっている。太陽光発電パネルの販売を行う山善(大阪府大阪市)の住建事業部マーケティング部の松田慎二氏は「日本国内でも価格が安いというだけで海外メーカーの製品が多く販売されています。太陽光発電事業は長期にわたる事業です。製品の良しあしもさることながら、システムインテグレーダーや工事発注会社についてもよく吟味する必要があるでしょう」と語った。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ