初期費用ネット決済サービス開始

日本財託

2014年12月16日

  • twitter

地場の管理会社でも広がる導入


投資用マンション販売、賃貸管理を行う日本財託(東京都新宿区)は、12月5日から入居時の初期費用ネット決済サービス導入を開始した。
HUBees(東京都新宿区)と提携し、インターネット環境さえあれば、いつでも決済が可能。
引っ越しシーズン前に導入することで、管理物件の入居率の向上を見込む。
同社は、これまで初期費用の支払いについては現金一括振り込みしか選択肢がなかった。
まとまった資金のない入居者や、日中に仕事をしていて店舗へ足を運ぶ時間が取れない入居者の負担となっていると考え、導入したという。
初期費用は分割払いにも対応。
ネット決済の手数料は日本財託が負担する。
これまで、業界では大東建託(東京都港区)や住友林業レジデンシャル(東京都新宿区)などが初期費用のネット決済を始めているが、今後は、対応する管理会社の数が増えていきそうだ。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ