「もし実家が空き家になったら」意識調査

アットホーム

2015年09月26日

  • twitter

「売却」よりも「残す」が半数以上


アットホームは9月8日、全国の30~40代の男女618名を対象に、「もし実家が空き家になったら」について意識調査を行った。

空き家になった場合、「賃貸にする(土地活用を含む)」が11・7%となった。
もっとも多かったのは「売却する」で41・6%、
次いで「将来自分もしくは親族が住む」が34・8%、
「誰が住むかわからないが、空き家にして管理し続ける」が7・9%となった。
半数以上はなんらかの形で残していきたいと考えているようだ。

「売却する場合、売れると思うか」に対し、「売れると思う」が42・9%、
「賃貸物件にする場合、借り手が見つかるか」については、「借り手が見つかる」と31・9%が答え、
売るよりも借り手を見つける方が難しいと考えていることが分かった。

賃貸の活用方法としては、「住居用賃貸物件として貸し出す」が71・7%と最も多かった。
空き家管理サービスを知っているのは26・7%にとどまった。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ