航空券販売会社と提携

エボラブルアジア

2016年09月15日

  • twitter

民泊事業者へ集客支援を開始


航空券販売のエボラブルアジア(東京都港区)は、民泊物件紹介サイト『民泊.com』を運営しているスペースエージェント(東京都渋谷区)と12日、業務提携を結んだ。

民泊新法の成立を見込み、合法的に民泊ビジネスを行う事業者に向け、物件入手から集客まで一連のサービスを提供する体制を構築した。

所有者や管理会社が民泊物件としての転用を許可している物件を紹介する『民泊.com』で、成約し、事業認定を受けた物件は、エボラブルアジアが運営する民泊予約サイト『TRIPSTAR(トリップスター)民泊』に掲載することができる。

『TRIPSTAR民泊』は、事業許可を取得している民泊物件しか掲載できないため、スペースエージェントが掲載の審査を行う。
自治体から発行された認定書のコピー提示を求めるほか、いくつかのチェック項目を設ける。
今後、『TRIPSTAR民泊』では、国内航空券やJR乗車チケット、高速バスなどと、セットで民泊施設を販売するパッケージ商品を企画する。
既存の民泊予約サイトにはない健全性と利便性で、差別化を図っていく。

5月に開設した『民泊.com』の会員数は4000人で、成約件数は230件を超える。
まずは会員に事業許可を取得していれば、『TRIPSTAR民泊』に掲載できることを告知していく。
許認可の取得をサポートするため、司法書士などの専門家を紹介しているが、成約者の利用は2割にとどまっている。
スペースエージェントの出光宗一郎社長は「成約物件のうち、現時点で許可を得ているのは数物件しかないと思われる。しかし、法整備によって違法民泊の取り締まりが強化し、事業者のコンプライアンス意識は次第に高まるだろう」と先を見据えている。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ