住宅宿泊事業法案が閣議決定

2017年03月14日

  • twitter

営業日数は180泊が上限に

政府は10日、『住宅宿泊事業法案』を閣議決定した。
民泊を実施するオーナーは都道府県知事への届け出が必要で、年間提供日数の上限は180泊になった。
衛生確保や騒音防止のための説明、苦情対応などを、家主本人か、管理業者に委託することを義務付けている。
管理業者には、国土交通大臣の登録、仲介業者には観光庁長官への登録を義務付けた。

罰則も示された。
無登録で運営する場合は1年以下の懲役か、100万円以下の罰金が課される。
管理・仲介業者が「オーナーには一切責任がかからない」などの誇大広告を掲示した場合や、施設に宿泊者名簿を備え付けていない場合などは、それぞれ30万円以下の罰金が課される。

国土交通省の土地・建設産業局不動産業課の企画専門官角谷大介氏は「これまでは、無許可営業施設を特定しづらく、立ち入り調査がほとんどできなかった。改正によってヤミ民泊が難しくなる」と話した。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ