会議室運用を一括代行

スペイシー

2017年03月29日

  • twitter

遊休スペースの活用を促進


会議室の時間貸しサービスを手がけるスペイシー(東京都目黒区)は、新たに貸し会議室運用サービスの提供を開始する。

サービス名は『だれでも会議室』。
スペイシーが運営する会議室検索サイトへの物件掲載にあたり、物件の選定からオーナーへの交渉、会議用のテーブルや椅子の設置、室内清掃などの運営までスペイシーがワンストップで代行するパッケージサービスだ。
設備に対する保険の完備や賃料の保証も行うことで、投資への不安を解消する。
4月1日から提供を開始する。

現在、都内の新宿や渋谷など、ビジネス街を中心に約2000件を扱う。
企業の会議室や英会話スクールの一室など、平均で4~5坪ほどのスペースが多い。
サイト上で利用したい日にちと時間を入力すると、利用可能な物件の一覧が表示される仕組みだ。
サービス開始の2013年10月から、利用者数は延べ60万人を超える。
「簡単な打ち合わせや面談などでの需要があるなか、貸し会議室の供給数はまだまだ少ない」(内田圭祐社長)。
物件によって1時間500円から利用できる低価格での提供で、需要拡大を狙う。

2月末には、ニッセイキャピタルおよび既存株主を引受先とし、約2億円の第三者割当増資を実施。
副業の解禁やテレワーク、リモートワークなど多様な働き方が検討されるなか、遊休スペースの活用推進に注力していく。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017
    求人、転職サイトは@type

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ