不動産融資を重点検査

日本銀行

2017年04月04日

  • twitter

日本銀行は3月28日、2017年度に行う金融機関への立ち入り検査で、アパートローンなどの不動産関連融資について重点的に調べる方針を示した。

相続税の節税対策や私的年金の確保を目的に賃貸住宅の建設需要が増えていることに加え、金融機関が低金利によって不動産融資を積極化しているため、アパートローンの貸高が高騰している。
一方で、人口減少や供給過剰が進むなか、空室率の上昇や家賃の低下によって収益性が下がり借金を返せなくなることを懸念している。

日銀は不動産関連貸出について、不動産業向けの融資だけでなく、不動産業以外の業種や個人事業主も調査対象とし、金融機関の融資のリスク管理体制を点検していく。
不動産投資の事業性を適切に審査したうえでの融資かどうか点検し、指導するという。
16年度は国内の銀行や信用金庫など81件を考査した。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017
    賃貸住宅フェア2017in大阪オフィシャル懇親会

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ