データ分析コンピューター導入で顧客ニーズに応える

ietty

2017年04月20日

  • twitter

時間外の問い合わせにも対応可能に


ietty(イエッティ、東京都渋谷区)は7日、『IBM Watson(アイビーエム ワトソン)エコシステムプログラム』を導入したと発表した。

アイビーエムワトソンは、大規模なデータを分析し、複雑な質問を解釈して根拠に基づき回答できるプラットフォーム。
同社ではこれまでにも、AI(人工知能)を活用したチャットによる顧客の一時対応をしてきたが、より多く、きめ細かな対応ができるようになる。
例えば、従来は、一人のオペレーターにつき、1日で物件提案できるユーザーの数は100人が限界だったが、導入によって、3000~5000人への提案が可能になるという。

また、物件紹介などが24時間可能になる。
顧客の質問に対する回答の幅も広がり、顧客ニーズによりマッチした物件提案が可能だ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ