仲介事業強化で新店舗開設

GRIP

2017年04月20日

  • twitter

年間200戸の投資用ワンルームを開発


投資用ワンルームマンション開発のGRIP(グリップ、神奈川県横浜市)は仲介事業の強化を図るため21日、横浜市中区関内エリアに新店舗を開設する。
3店舗目となる。

横浜・川崎エリアで競合物件が過剰に供給されていることから、入居率の低下を防ぐ。
現在の入居率は94~95%を維持しており、約8割は自社で入居付けをしている。

同社は年間6~7棟200戸程度を開発。
3月には10階建て36戸の「Le'a横濱大通り公園」の賃貸募集と販売を開始した。
ワンルームで販売価格は2150万~2320万円。

長谷川建二社長は「紹介客やリピーターが増え販売は好調。入居率を維持するため、リーシング事業の強化をしていきたい」と話す。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ