アパマンが契約業務の電子化を導入

アパマンショップリーシング

2017年07月24日

  • twitter


ドキュサイン・ジャパンと提携

賃貸管理を行うアパマンショップリーシング(東京都千代田区)は、賃貸業務全般を電子化する。24日にドキュサイン・ジャパン(東京都港区)との提携を発表。ドキュサイン社が提供するプラットフォーム上で契約書類などを送付し署名できる『Docusign(ドキュサイン)』の導入を決めた。

アパマンショップグループでは、賃貸管理業務総合支援システムの『APS(アパマンショッププロパティマネジメントシステム)』を日々の業務に使う。同システムとドキュサインを連携させることで、APS上で作成した更新の手続き書類や工事関係の書類をデジタル化。ドキュサイン上から、書類を入居者やオーナーに送付し、ネット上で契約の締結が可能になる。

まずは管理物件の契約業務に導入し、今後はアパマンショップの加盟店にもサービスの提供を広げる予定だ。

ネット上で契約業務を完結する動きが賃貸住宅業界でも広まっている。
東急住宅リース(東京都新宿区)は2016年8月から実験的に、管理受託契約の更新業務に電子契約を導入している。

明和不動産管理(熊本市)は4月から、管理物件で入居更新業務を電子化することを発表。

レオパレス21(東京都中野区)は、工事請負契約書を電子化し、タブレットで契約内容を確認、署名ができるようにしたことで収入印紙代の削減につなげるのが狙いだ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ