個人向けリースバック事業スタート

新生銀行

2017年09月13日

  • twitter

自宅を売却し住み続けが可能

新生銀行(東京都中央区)のグループ会社でリース業を行う昭和リース(東京都文京区)は15日、所有者から自宅を買い取り、同じ物件に賃貸借契約で住んでもらうリースバックサービス『新生MyWAY(マイウェイ)』の取り扱いを開始する。

顧客は売却してもそのまま住み続けることができる。新生銀行がファイナンスリースの取引の媒介を行い、物件の売買や賃貸借契約などの仲介業務は伊藤忠ハウジング(東京都港区)が担当。対象となるのは1都3県から。

将来的に自宅から他所へ住み替え、自宅をどう処分するかを考える顧客へのニーズに対応するためのサービスだ。昭和リースが査定した物件評価額の70%か50%の金額で購入し、一括代金を支払う。そのまま定期借家契約を締結し、顧客は契約期間中、昭和リースに対し賃料を支払っていくというもの。契約期間が終了すると昭和リースがその時点での市場価格で第三者に売却。不動産価格が下落していた場合は還元しない可能性もあるが、購入代金と売却代金の差額を顧客に支払う。

昭和リースはこれまで法人向けに事業を展開していたが、サービス提供の間口を個人へも拡大していくために開始する。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017
    賃貸住宅フェア2017in大阪オフィシャル懇親会

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ