民泊新法 来年6月に施行

観光庁

2017年11月13日

  • twitter

マンスリーや時間貸しとの併用が定着なるか

観光庁はこのほど、「住宅宿泊事業法の施行期日を定める政令」と「住宅宿泊事業法施行令」の閣議決定を受け、2018年6月15日に180日制限の住宅宿泊事業法(民泊新法)を施行することにした。制限外の残りの期間をどうするかが賃貸業界の課題だが、すでにマンスリーマンション事業を進めている企業や、空きスペースの時間単位貸しを行っている企業は民泊新法施行にビジネスチャンスを見いだしている。

閣議決定から3日後の10月27日、「住宅宿泊事業法施行規則」が公布された。住宅宿泊事業法施行規則では、事業者に対し、毎年4月1日から翌年の4月1日正午までの間に人を宿泊させた日数を算定すること、2カ月ごとに宿泊させた日数を報告することが義務付けられている。事前の届け出に関しては、登記事項証明書、住宅の図面のほかに、賃貸住宅の場合は転貸の承諾書などを添付しなければいけない。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2017
    求人、転職サイトは@type

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ