民泊営業規制を強化

京都府

2018年02月15日

  • twitter

トラブル防止に注力

京都府は5日、民泊を独自に規制する条例案を府議会に提出した。京都市周辺の住居専用地域で営業日数規制の強化を図る一方、北部などの地域では規制を行わない方針となっている。今年6月の施行を目指す。

民泊は6月15日に施行するいわゆる民泊新法で、各自治体に届出を出せば営業が可能となる。同法では民泊の営業日数の上限は年180日と定められているが、住民へのトラブルが多くなれば、自治体が条例で営業日数などの規制を厳しくすることができる。京都市は、民泊利用者からの騒音やトラブルなどを抑制するため、市町村からのパブリックコメントを行った。ホテルや旅館が営業できない住宅専用地域では、民泊の営業を60日間に限定する。

今回提出された条例案は、京都市を除く25市町村が対象。住居専用地域について、京都市近郊の宇治、亀岡、城陽、長岡京、南丹と大山崎町では、京都市に準じて営業可能期間を1~2月に限定。その他の市町村でも営業規制を強める。一方で京丹後などの北部地域は民泊新法で定められた上限までの営業を認める。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ