シェアハウス事業を開始

建築リノベーション,川崎市日進町,泊まれる美術館,職住一体,

2018年03月07日

  • twitter

ベンチャー向け創造空間目指す

建築リノベーションなどを行うNENGO(ネンゴ、神奈川県川崎市)は、グループ会社の相楽ホーム(同)と初のシェアハウス事業を開始した。川崎市日進町の複合施設『unico(ウニコ)』内に1日、『川崎日進アパートメント85(ハチゴー)』をオープンした。

『unico』はJR「川崎」駅から徒歩10分の日進町に位置する。簡易宿泊所街でもある日進町を活性化しようと同社が昨年7月にオープンした。シェアオフィスや、カフェ、泊まれる美術館『日進月歩』などがテナントに入っており、クリエイターやベンチャー企業が集まって化学反応を起こす「発酵」をコンセプトとした「創造的複合拠点」を目指している。

シェアハウス『川崎日進アパートメント85』は20室あり、『unico』の3、4階に設けた。若手クリエイターやベンチャー系人材の入居を想定している。職住一体の空間で、他のテナントやシェアオフィスなどと連携して新しい価値観やアイデア、人間関係などが生まれることを期待している。

1室の広さは7~13.1㎡で、月額賃料は4万5000~7万5000円。共益費の1万5000円には水道、光熱費、インターネット使用料を含む。内装はノンケミカル素材を使用。室内はコンクリート打ちっぱなしで、天井は躯体をそのままに、デザインとして生かしている。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営 イーブロンド
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ