賃貸併用の分譲住宅を開発

大和ハウス工業

2018年03月12日

  • twitter

潜在住宅取得層の管理物件入居者がターゲット

大和ハウス工業(大阪市)は8日、同社初となる、賃貸併用分譲住宅『SEJOUR DD-1(セジュール ディーディー・ワン)』を発表した。同商品は、ペット飼育ができることをわかりやすく伝えられるよう、完成時にオリジナルの犬小屋がついた住宅。

特徴は、戸建ての1階の一部に玄関を別にした40㎡ほどの賃貸住戸を設計した点にある。住宅購入者は、1階の賃貸部分以外と2階の居住スペース約100㎡を使って広々と住める。賃料収入が得られるため、住宅ローン返済を軽減できる。

同社の堀福次郎専務は「グループの大和リビングでは53万世帯を管理しているが、そのうち、1万5000世帯が退去後に住宅を購入している。その潜在顧客に対して訴えられる商品を考えた。ペットの飼える賃貸住宅は管理物件の中で5%しかない。我慢せず、愛犬と住みつつも、住宅購入の負担を減らせる」と語った。

  • 検索
  • マイナビ賃貸
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ