長期保有目的に開発強化

長谷工ライブネット

2018年03月12日

  • twitter

管理ノウハウを蓄積

管理戸数8万5000戸の長谷工ライブネット(東京都港区)は7日、長期保有を前提とした自社開発物件を増やすと発表した。従来は、自社で開発しても大半は短期で売却していたが、グループ全体の財務基盤が安定し、長期保有する余力が生まれてきたという。

これまで得られなかった運営ノウハウを蓄積するのが狙い。デジタルサイネージの活用など賃貸経営の新しいサービスを試験導入し、管理オーナーへの提案の幅を増やしていく。広報担当者は「一般管理と異なり、オーナーの許可なしに試行錯誤を繰り返せるのが長期保有のメリット」と説明した。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 スマサポ内覧サービスの活用と若者の部屋探しトレンド ソクうーる 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京 賃貸住宅フェアin大阪 賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ