空室対策の必要性高まる

宮城県仙台市

2018年03月13日

  • twitter

東日本大震災から7年迎える仙台市

東北地方を襲った東日本大震災から7年を迎える仙台市では、被災者の住宅確保や復興事業従事者の移住による特需がなくなり、空室対策の必要性が高まりつつある。

郊外立地や築年数が古い物件から空室が出始めているためだ。賃貸住宅で被災者を受け入れるみなし仮設住宅はピーク時には9000戸ほどの利用があったが、2017年末には350戸まで減った。みなし仮設住宅は自治体からの家賃補助があったため、家主は家賃を値下げすることなく満室を維持できていた。

  • 検索
  • エネチェンジ 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ