フィリピンのリゾート開発に参画

リストグループ

2018年03月14日

  • twitter

国内投資家向け販売も検討

不動産仲介を手掛けるリストグループ(神奈川県横浜市)は5日、フィリピン共和国ボラカイ島のリゾート開発に参画すると発表した。同グループが東南アジアで不動産物件の開発に携わるのは初めて。国内投資家向けの販売については、事業主体の現地デベロッパーと調整を進めている。

ボラカイ島は世界のベストビーチに選出される有名なリゾート地。1万6000㎡の敷地にホテルコンドミニアム1001戸と商業施設を建設する。

プロジェクトは3期に分かれ、リストが参画する1期は事業費約25億円で、日系企業の参画は同社のみ、他に現地企業数社が出資する。ホテルコンドミニアム323戸を建設。1戸当たりの専有面積は21㎡で、2018年中の販売を予定する。
同社グループは10年から米サザビーズ・インターナショナル・リアルティのフランチャイズとして、13年にハワイ、16年にフィリピン、17年にシンガポールと香港に拠点を開設している。東南アジアの中間所得層以上の人口割合が増加しており、次世代の有望な不動産市場と見込む。18年もタイ・バンコクの拠点開設を予定する。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ