東急不動産、初のシェアハウス

東急不動産

2018年05月14日

  • twitter

鹿島と共同の複合住宅

竹芝地区開発の完成パース

東急不動産(東京都港区)と鹿島建設(同)は、2社共同で開発する『竹芝地区開発計画(仮称)』において、住宅棟の新築工事に着工したことを4月27日に公表した。同計画には東急不動産初のシェアハウスが含まれている。

東京都の都市再生事業の一環として共同開発を行う。港区海岸1丁目の都有地を約70年間の定期借地によって借り受け、業務棟と住宅棟で構成、全体延床面積約20万㎡の国際ビジネス拠点を整備する。完成は2020年の予定。
建物のコンセプトは、「職住近接の新たなライフスタイルの提案」。通勤時間を短くすることで、子育てや家族との団らん、趣味などのプライベートの時間を重視するニーズに応える。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ