空室の時間貸し事業を開始

リスト

2018年05月24日

  • twitter

自社のリノベーション物件を貸出し

少人数パーティーなどに活用

リストグループ(神奈川県横浜市)で不動産賃貸事業を行うリストプロパティーズ(同)は、空きスペースの時間貸しをネット仲介しているスペースマーケット(東京都新宿区)と「スペースシェア事業」を開始し、11日に同社初のレンタルスペースをオープンした。

同社が横浜市保土ヶ谷区に所有する賃貸物件『コットンハウス』の1室の1R(18.4㎡)のを貸し出す。スペースマーケットのウェブサイトから1時間単位で利用が可能で、基本プランは1時間当たり780円。
同社が管理・運営を行う。室内は落ち着いた空間になるよう、スペースマーケットが家具のコーディネートなどをプロデュースした。6人まで利用でき、パーティーや誕生会、女子会、ママ会、撮影会など多用途での利用を見込む。

『コットンハウス』は2015年に賃貸物件のリノベーションを通じた地域活性化を目的として横浜国立大学大学院建築都市スクール「Y-GSA」と、NENGO(ネンゴ:神奈川県川崎市)の協力による産学連携プロジェクトでリノベーションしたRC造5階建て全24戸の賃貸マンションだ。

対象の部屋は、窓から墓地が見えることもあって新年度以降、入居者が決まらずにいた。担当者は「空室対策の一環として、今回スペースシェアにトライしようということになった。横浜市内に各棟十数戸から数十戸の賃貸物件を数棟所有しているが、同事業の具体的な展開は今後検討していく」としている。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ