サービスアパート事業で提携

ハプティック

2018年05月30日

  • twitter

リノベーション賃貸での展開も検討

外国人の長期滞在など対応

賃貸リノベーションを手掛けるハプティック(東京都渋谷区)は、明和住販流通センター(東京都世田谷区)と、サービスアパート事業で業務提携し、第1弾として7日に『六本木グランド』を開業した。

明和住販が2017年9月にオープンした高級賃貸マンション『グランドコンシェルジュ六本木』(東京都港区)のうち、6階の8戸と20階の1戸との全9戸をサービスアパートメントとした。明和住販が管理・運営を行い、全室に設置する家具・家電のコーディネートをハプティックが行う。ダイワホームズ(大阪市)が外国人への物件周知や入居対応を、ほっと保証(北海道札幌市)が保証業務を行う。

間取りは1K~1LDK(30.01㎡~59.34㎡)。1カ月から契約可能で、月額賃料は29万8000~59万6000円。単身者やカップル、ファミリー層のほか、外国人の中長期滞在やビジネス利用を見込む。24時間10カ国語対応のコールセンターも完備する。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 賃貸経営
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ