サービスアパートメント供給で提携

BRIグループ/メトロレジデンス

2018年06月06日

  • twitter

民泊、マンスリーの併用も視野

投資用マンション企画・開発・販売を手掛けるBRIグループは4日、法人向け高級サービスアパートメントを運営するメトロレジデンス(本社:シンガポール)との業務提携を発表した。

今月1日からBRIグループのブランドマンション『GALICIA』シリーズをサービスアパートメントとして提供していく。最初の物件は東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑」駅より徒歩7分の場所にある『ガリシア新宿御苑』。全37戸の内装を、ダークブラウンを基調としたホテルスタイルなど3種類のコンセプトで手がける。

国内外のビジネスパーソンをターゲットにする。メトロレジデンスの多言語コンシェルジュサービスを標準提供し、オプショナルサービスとして週一回の清掃、リネン・タオルの交換サービスを用意する。料金は、1Kのマンスリーマンションプランが22万円、オプショナルサービスを含んだサービスアパートメントプランが26万円。1LDKタイプも用意する。

  • 検索
  • 空室リスクを抑え流動性を確保 マイナビ賃貸 NinjaLock oosaki
    賃貸住宅フェア2019

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    2019年1月アクセスランキング

    1. 来店や契約のキャンセル発生

    2. TATERU、350件改ざん

    3. 借入元本減免交渉進まず

    4. 付帯商品の問題点が浮上

    5. 平成31年度税制改正大綱決定

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェア2019in東北 賃貸住宅フェア2019in九州 賃貸住宅フェア2019in東京 賃貸住宅フェア2019in大阪 賃貸住宅フェア2019in名古屋

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ