民泊物件をサブリース運用

宅都

2018年07月03日

  • twitter

日本エスリードと業務提携

不動産関連事業を手掛ける宅都ホールディングス(大阪市)は6月22日、関西で新築分譲マンションを手掛ける日本エスリード(大阪市)と民泊事業で業務提携したと発表した。日本エスリードが開発する民泊物件を、宅都がサブリース(一括借り上げ)で運用する。

宅都が賃貸管理経営で培ったコンサルティングやサブリース契約の手法を民泊にも転用する。賃貸業での運用基盤を基に、資産運用の新たな収益モデルとしての民泊事業を行う。サブリースの運用方法として、現在の賃貸に加えて収益性の高いマンスリーマンションや民泊も選択肢に加える。

日本エスリードが開発する建物には高級感がある物件が多く、入居者ニーズやライフスタイルに応じたファミリー型や都市型物件が強み。民泊物件についても、生活に必要な設備が整っているだけでなく、「"住む"ように滞在できる」(宅都担当者)という高級民泊を提供する。

  • 検索
  • マイナビ賃貸
    賃貸住宅フェア2018

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    全国賃貸住宅新聞の出版物

    • 月刊 家主と地主

      不動産ビジネスにまつわるあらゆる話題を全国賃貸住宅新聞が発行しています。

    全国賃貸住宅新聞のデータベース

    アクセスランキング

    1. 蔦屋家電限定商品を標準装備

      プロパティーエージェント

    2. IT重説解禁に向け全国10会場で説明会

      国土交通省

    3. 医療用シンクの洗面台を発売

      TOOL BOX

    4. 福岡支店を拡張移転

      駅前管理システム

    5. 海外法人向けに短期貸し

      メトロレジデンスジャパン

    賃貸住宅業界の羅針盤 全国賃貸住宅新聞 購読お申し込み
    賃貸住宅フェアin東京

    お知らせ

    一覧へ

    ページトッップ